パーティードレス選びは失敗したくない!レンタルのコツも知りたい

その場にぴったりなドレス

二次会用のドレス

結婚式や披露宴は少人数で行ない、二次会は大人数を招待するという新郎新婦もたくさんいます。
披露宴から参加しているならドレスを着替える時間も無いかもしれませんが、二次会からなら少し派手な服装で参加してみても良いです。

ルールも二次会独特

あまりにもかしこまりすぎている着物だと、二次会の場にふさわしくありません。できるだけカジュアルなパーティードレスを選びましょう。
その前にしない方が良い服装を知っておくと安心できます。
・ジーンズとTシャツ…ラフすぎます。
・リクルートスーツ…フォーマルといっても会社に着ていくものです。
・白いドレス…花嫁も白いドレスで参加する可能性があるので避けましょう。

二次会で人気のコーディネート

二次会にふさわしく、しかも人気でカジュアルな印象を持たせられるドレスがあります。
まずは肩が見えるデザインですが、披露宴だとショールで隠さなければなりませんが、二次会では隠さなくても大丈夫です。次に、柄が入っているドレスです。柄ものは結婚式には着ていけませんが、上品なものなら二次会でもOKです。

謝恩会や式典

人生でパーティーなんて、あまり経験しないという人もいます。そのため、突然その場所に行くとなれば、何を着ていけばいいか分からなくなるのです。
謝恩会や式典に着て行くべきドレスも知っておきましょう。それ以外の考えられるパーティーといえば、クリスマスのときに行なわれるホテルでの食事会もありますし、広告の仕事をしている人ならファッションブランドのディナーパーティーなどに行かないといけない場合もあります。ドレスは一種類だけではなく、そこにふさわしい着こなしをしていくべきなのです。

ピンクと膝丈

何を着ていけばよいか迷ってしまう、そんな時にはピンクとベージュのような柔らかい印象をもたせる色のドレスであれば間違いがないといえます。
もちろんピンク以外でも大丈夫ですが、膝丈のドレスを基本的に選ぶようにしましょう。そうすれば場に合ったチョイスができます。

賢い利用の仕方を学ぼう

場面に合わせてコーディネートをするのは、案外大変なことです。多くの人が失敗や成功を繰り返していてそれを口コミでも拡散しているため、参考にしましょう。レンタルの利用の仕方もついでに学んでおくと良いです。

ドレス選びの成功談と失敗談

いつも着ているドレスで失敗

最近お祝い続きだったのですが、今までそんなにパーティーに出席した経験がなかったので、ドレスも一着しか持っていませんでした。全て同じドレスで結婚式に出席したのですが、友達に「また一緒のドレス着てる!」と指摘されて赤面しました…。

膝丈ドレスで成功しました

何を着ていけば良いのか分からず、足が隠れるからロングドレスでいいかと適当にレンタルで選ぼうとしていました。すると友人が、膝丈ならどんな体型の人にも合うよと言われたので膝丈を選んだんです。結果「とてもお洒落!」と褒められてしまいました。

購入したのに結局着けなかった

一張羅のドレスを持っておくと良いかと思って、ロングドレスを購入。だけど、イブニングパーティーになんて出席する機会がほとんどなかったので、今まで全く着ていません。もっといろんな場所に着ていけるものにすればよかったと反省です。

レンタルでブランドドレスを選んだ

友人の結婚式があり、スピーチを頼まれたので、今までのドレスではいけないと思いブランド物をチェックしました。とても高くて購入できなかったのですが、レンタルならとても安い値段で借りることができたので、助かりました。

黒すぎて失敗してしまいました

私は黒が好きですし、とくに結婚式では黒を着ていっても良いと聞いていました。だけど、コーディネートが失敗だったんです。ショールも黒だし、ストッキングも黒にしてしまって、「まるでお葬式みたいだね」と言われてしまいました。

レンタルでドレスを借りる際にはどうしたら良いのか

通販でも試着はした方が良いですか

サイズさえ分かっていたら「全然合わない」ということにはなりません。中には試着コースを設けていたり、変更可能なプランがある会社もあったりするため、不安ならそういった会社を活用しましょう。

何泊くらい借りることができますか

利用する会社にもよります。実店舗であれば一日だけ借りることも可能なところもありますが、通販だと2泊3日に設定しているところが多いです。予約の際に余裕をもって期限を決めておけば、間に合わないという心配はありません。

使用後のクリーニングは必要ですか

必要ないことが多いです。むしろレンタルする会社によっては、独自でチェックやクリーニングの製法を設けているため、勝手にクリーニングをしない方が良いのです。もちろん、次に使う人のために汚さないことは大切です。

コーディネートに自信がありません

ファッション初心者の人でも、ドレスのレンタル会社では全身コーディネートのプランを利用することができます。ドレスに合う靴やバッグも一緒に借りることができるのです。一緒に身に付けるアクセサリーを揃える手間が省けます。

マタニティ用もありますか

レンタル会社ではマタニティドレスを揃えているところもあります。一生に何度も着用する機会の無いものは、レンタルで借りた方がお得でしょう。マタニティでもとてもお洒落なものが揃っているので、コーディネートを妥協しないで済みます。